記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主人と父と従兄弟と明石散策

先週末は新潟から従兄弟が尋ねてきてくれました。
早くに父親を亡くした従兄弟、叔父である私の父を昔から慕ってくれています。
駄目元で父も誘ったら快諾してくれたので、父と従兄弟を主人と一緒に1泊2日おもてなしすることに。

前日新潟から関西入りしていた従兄弟と、地元から車で駆けつけた父(たくさんの母からの手土産で車内は大爆発。)と土曜日加古川で合流。
大の阪神ファンの従兄弟、前夜の阪神戦@甲子園がメインイベントだった訳ですが、残念な結果だった為超絶ローギアからのスタート。

なんだかんだ新居初訪問の2人に新居を案内し、荷卸しを終えてから明石は魚の棚商店街へ。
“明石まちなかバル2017”たるイベント開催中でいつも以上にすごいにぎわい。

昼食を取って、魚の棚商店街~新しくなった明石駅~明石城散策。
美味しい海の幸の食べ歩き飲み歩き♪(ハンドルキーパーの主人と私はハイボールのグラスに注がれた水でぐっと我慢!)
いつも以上にテンション上がるわ財布の紐緩んでるわで、店先で試食しては買い漁り。

「美味しい!」
「これもどうぞ」
「うまい!」
「これもどうぞ」
「いける!」
「これもどうぞ」
カモ過ぎるカモな上、サクラもこなす都合の良い客であったでしょう。

ずっとずっとずーーっと欲しかったけどペンディングしていた“曲げわっぱ弁当箱”、お父さんに買ってもらってしまった!
楽しんでくれていたのか珍しく昼ビール召し上がって終始ご機嫌だったお父さん、めちゃくちゃ嬉しいけど、
「父の日の餌付けかしら。」…って目前に迫った父の日のリターンを気にする器の小さい娘に育ちましたよ。

父「明石城、お母さんとデートで昔来たなぁ…懐かしいなぁ。何回目のデートだったかなぁ。」
私「え!?そうなの?初耳!」
父「今度お母さんに聞いてみたら?」
私「え?いいよー。自分で聞けば良いじゃん。」
父「馬鹿言え、もし記憶違いでお母さんじゃなかったら…恐ろしくて聞けるか!(震える父)」

定年退職した父と、専業主婦だったけど最近働く楽しさに目覚めたお母さん。
すっごい亭主関白だったのにその姿はすっかり消え失せ、形勢逆転が板についてきた。
子供目からしてもTHE昭和のサラリーマン!って感じのお父さんだったけど、今の両親の関係も娘からしたら微笑ましい。
セカンドライフの時間がある内にもっともっと親孝行したいな。

帰宅後は手料理+関西を味わってもらおう、とたこ焼きを楽しみました♪
関西じゃ一家に“一台たこ焼き器”って割と浸透してるけど、新潟じゃ信じられないっつってたね。
米どころ水どころ新潟の日本酒は絶品です。

数々の手料理をご馳走させてもらった上、途中追加のビール(YEBISU)を欲しがる従兄弟に渋々買い出しに行く天井知らずの私の優しさ。
帰って来たら寝ていたので一瞬、能面みたいな顔になったと思います。そのまま加古川に沈めました。

仕事のこと、家族のこと、“朝まで生テレビ!”並に熱く色々語り明かしましたが、綺麗に皆アルコールに仕上がって朝まで起きている人が居るはずもなく。

日曜は翌週に備えて、お昼にラーメン食べたら早めに解散しました。

Photo 2017-06-04 16 36 43



そうそう、夕方片付け終えて主人とサザエさん見ていたら、“魚の棚商店街”がオープニングで流れていてね。
たまたまかと思って嬉しくなって調べてみたら、“県市町村振興協会が地域活性化のために企画、予算約820万円を負担して獲得”したんだってね。

県内を颯爽と西へ東へ飛び交うサザエさんの原動力は小遣い稼ぎでしたか。
「サザエでございま~す♪」
hyogoken-sazaesan.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。