FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハ最終日、日本へ。

とうとうやって来てしまった、旅行最終日の朝。
月9だったら、最終回。
アメリカ映画だったら、終戦。
金八だったら、卒業。

「終わっちゃうなぁ~」って気持ちと、「早く和食食べたい!自宅でだらごろしたい!」って気持ちが半々。
真央ちゃん風に言うとハーフハーフ。
ホテルで朝食を澄ませたら、昨日買った切符の有効時間(24時間)内で空港迄たどり着くのが第一ミッション。

旅行中、幾度とお世話になったこの傘にも別れを告げて。
Photo 2017-09-22 14 51 37
それにしても持ち手きたねぇなぁ。

宿泊ホテルからプラハ国際空港まではトラムとメトロとバスを乗り継いで小一時間。
フライトは11時半、余裕を持って出発。
ここから日本の自宅まで20時間弱、移動ばかりの1日が始まる。今日も今日とてスニーカー。

『ーとびきりいい靴を履くの。いい靴を履いていると、その靴がいい所に連れてってくれる。』
って花より男子の藤堂静が言ってたけど。

そうよね静、ってオシャレなヒール持って来てたけど、出番無くずーーっとスニーカーだったわ。
にも関わらず、昨日辺りから私の左足首付近が悲鳴をあげていて。マジで痛い。

靴同様持って来てたけど着なかった洋服(旅下手。)やら、お土産やらで重量増したスーツケース引きずってトラムでプラハ中央駅へ。
駅からはメトロ、更にメトロから空港まではバスへ乗り換え。
“いい靴”履いてなくても、google師が居たらどこでも行ける気がする。
公共交通機関は随分慣れた…頃に旅行って終わっちゃうんだよね。

メトロから地上に登る階段でアクシデント。す…スーツケース持ちあがらない。
今更かよわいぶるとか微塵も無くて、ガチで詰め込み過ぎたスーツケースの重みに足の痛みが重なってピクリとも動けぬ。

泣く泣く主人に頼んだら「往復するのがメンドイ。」ってフル装備で駆け上がっていったわ。
無敵?範馬刃牙??たのもしい。
Photo 2017-09-22 15 30 04
(後で空港で測ったら右23KG、左22kg、バックパック4kg、計49kgあった。爆)

プラハ国際空港着いて搭乗手続き。
余った時間、ロビーでくつろいでたら見ず知らずのビジネスマン?に「トイレ行くからこのPC見といて。」っつって見張り頼まれた。
そろそろゲート行くか~ってな気分やったけど、天井知らずの私たちの優しさで絶対動かずに、待ったよね。彼を。(へたれ。)

ゲートでビールと軽食。
主人はタコスと私はスープ、中途半端に余った時間を“食”で埋めるのはデブの始まり。
Photo 2017-09-22 17 56 07
Photo 2017-09-22 17 55 22
味は可もなく不可も無くやけど、サーブがとにかく雑。汁たれてっし。

プラハからムーミンに侵略されたヘルシンキ・ヴァンター空港まで2時間ちょっい、往路と同様ここでトランジット。
関空行の搭乗までに、ここでも空き時間。最後の北欧ランチを食べよう♪と。
どこのレストランも満席だけど、港内散策して入念にチョイス。イタリアンレストラン。

余談だけど、席に着いて、店員さん呼ぶ時、日本のお店風に「すみませ~ん。」って言うノリで
「Excuse me」ってつい言いそうになるけど。ぐっと我慢。
こっちじゃ店員さんが来るまで待つのがマナーなんだって。
ほとんどの店員さんは先に気を利かしてメニュー持って来てくれたりするけど、こちらから呼びつけるのは「呼ばないと来ない程度のサービスならチップはずまないですよ!」って意味合いに取られちゃうらしい。

…これせっかちの関西人にとっちゃなかなか慣れなくて、今回の旅行中何度か呼んでしまったわ。居酒屋ノリで。

最後の晩餐(ランチだってば)だ!って事で金にモノを言わせてシャルドネボトルで奮発。
Photo 2017-09-28 17 45 51
港内のレストランってなんでこうボッタクリ価格なんだろ。
港外出られないからって足元見られてる感。
Photo 2017-09-28 17 46 01
Photo 2017-09-28 17 45 56
ボトル1本とピザとサラダで80€(約10,000円)超。
豪快な無駄遣い。チップもはずむぜ、持ってけどろぼー。

関空へ飛ぶ前に暇つぶしに取った新聞の一面が暇つぶせないくらいしょーもなかった。
てか旅行で暴飲暴食を繰り返した自分たちへの嫌がらせの様な内容で、ソッコー映画にシフト。
Photo 2017-09-22 23 22 30

機内食って美味しくないけど、タダワインが呑める一番イベントと思っている。こうゆう所作でお里が知れるのね。
Photo 2017-09-23 1 28 39
Photo 2017-09-23 7 27 10

関空着いたら時差で23日のお昼前。
ベイシャトルで神戸空港経由、預けていた車で加古川の自宅帰宅。
一息つく…間もなく、ソッコー私の実家に預けている愛猫ジジを引取りに実家へドライブ。
助手席で必死に睡魔と闘う…何度か意識飛ばしつつ白目で実家へ。

実家では犬を飼っているから、ジジの安否を懸念してたけど、どっこいたくましくしてましたわ。
キャバ嬢並の懐の入り具合で、父はメロメロになってました。
「ドリンク良いですかー?」なんて言われたらドンペリおろしちゃうかもしれない。

これを渡されて「どこに行ってきたの?」と聞いてきたら、隔離収容所にいた可能性がある位定番のお土産を配って。
トンボ返りでまた加古川自宅へ。
やっとこさ6泊8日の北欧旅行フィナーレ!
我が家へ駆け込みましたよ、サザエさんのエンディングくらいの勢いで。

たくさんの歴史的建造物や作品を堪能した今回の旅行を終えて思ったことは、「世界史の授業中寝てなかったらもっと得るものがあったんかなー。」でした。

痛みが増していく左足を労って、「心地良い旅日記が書けた。」と悦に入ります。おしまい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。