記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日&結婚記念日@プラハ

本日主人のお誕生日&結婚7年記念日ってことでね、朝から若干浮かれてスタート。
泊まったホテルの朝食がもう結婚式場みたいに豪華でね、写真撮りたかったけど雰囲気的に恥ずかしくて断念…。ちっ。
Photo 2017-09-28 17 35 41

昨日強烈な洗礼を受けた坂道を下って(ばっちりスニーカー!)、とりあえずプラハ本駅でトラムのチケットを購入。
ラッキーなことに公共交通機関の仕組みはオーストリアと同じみたい。

foodpic7945276-min.jpg
このチケットで24時間トラム(路面電車)・メトロ(地下鉄)・バスが乗り放題、110CZK(約¥570安っ!)。
Photo 2017-09-28 17 35 50
プラハ本駅、昨夜は薄暗くて、余裕が無かったど、お店も充実していて明るい雰囲気。
旧駅舎も見られた。現行の合理的な駅舎じゃなくって、温かいクリーム色。レトロな表示やポスターもあって、う~ん…芸術。

ポリスマンに旧市街への道案内頼んだけど、英語通じねぇ。
多分チェコ語で「俺はおまえのSiriじゃねえんだよ。」って言ってたと思う。
Photo 2017-09-28 17 35 53
Photo 2017-09-28 17 36 08
ヴァーツラフ広場、幅60m、長さ750mもあるんだって。
道の両側にぎっしりファストファッション店、マックカフェ、レストラン、ホテルとか近未来的。
共産主義博物館なんかもあるけど、すっかり社会主義の風。
何度もデモや集会が行われて、あのビロード革命の時には、50万人の市民が集まったんだって。今は至って穏やか。
Photo 2017-09-28 17 36 27
Photo 2017-09-28 17 36 24

15世紀終わりごろにプラハの旧市街の入り口として建てられた門、火薬棟を経由して旧市街地へ。
70CZK払えば棟に登れたらしいの知らなかった…情弱。
Photo 2017-09-20 18 52 03 (1)-min
旧市街広場に入ると何やらざわざわ。すごい活気と人だかりが。
Photo 2017-09-28 17 36 34
どうやらあの、「プラハの天文時計」に集まっている模様。
9時~21時の毎正時に十二使徒の像が現れるという人形仕掛け、それを見に人の群れ群れ群れ。

ウィーンのホテルで朝食相席したマダムも「プラハに行くなら"Astronomical Clock"絶対見てくるのよ!」って言ってたあれだよ。
たまたまラッキーなことに間もなく12時!わくわくどきどき…カメラもスタンバイ。
Photo 2017-09-28 17 36 36
…って修理中じゃねーか。
人形もなんか申し訳程度にしか踊ってくれないし、気付いたら終わってたよね。
「え?これだけ?」って言葉飲み込んだし、あのマダムにもし偶然遭遇したら女優になって感激を表現する必要がある。
Photo 2017-09-28 17 39 58
もう街の中全部綺麗で絵になる、よく聞いてたけど本当絵本の中。おとぎの国に来たみたい。
お祭りムードな雰囲気に、こりゃとりあえずビール!ってな気分やったけど、プラハも公衆トイレ無いんだよね。
あっても有料。
Photo 2017-09-28 17 38 54
『第2回チキチキ!おしっこ我慢選手権』回避の為、酒屋で“スミノフアイス”を買う。
Photo 2017-09-20 19 13 10-min
まさかのビールの聖地でスミノフアイス。クラブ初心者並にダサい。
ほんで普通に高い。本場ビールが水より安いのに何やってんだか。
Photo 2017-09-28 17 36 51
Photo 2017-09-28 17 36 55
Photo 2017-09-28 17 36 57

草創期からの製品コレクションを集めた“Apple Museum”にも立ち寄って。
もともとは個人コレクションだった製品群がチャリティ目的で寄贈されたもので、Appleの歴史を辿れる貴重な博物館。
みたことないモノから、懐かしいモノまで。
超Windows派の私ですが、MACにすっげー憧れた時期もあったなぁー。意識高い感じで。
Photo 2017-09-28 17 37 02
昔どハマりした浦沢直樹の漫画、『MONSTER』思い出して興奮。

そのまま旧市街突き抜けて本日のお目当て、雄大なモルダウ川に架かるカレル橋に着く。
Photo 2017-09-28 17 37 13
Photo 2017-09-28 17 39 34
Photo 2017-09-28 17 39 38

全長 約 515m、幅 9.5m の石橋。
左右に15体ずつザビエルをはじめとした計30体の聖人像が並んで、さながら美術ギャラリーみたい。
歴史的に有名な成人や英雄がモデル。
主人は1体1体全てフィルムに収めていましたが、その写真たちは膨大なので省略。
Photo 2017-09-28 17 37 41
Photo 2017-09-28 17 37 23
Photo 2017-09-28 17 38 26

聖ヤン・ネポムツキー像。
30体の中で唯一銅製の彫像で緑っぽい。頭の上には5つの星、手には金色の葉っぱ。
この像、台座のレリーフに触ると幸せが訪れるんだって。順番待ちの列が出来てたよ。
もちろん私たちもあやかろうと…てへ。たくさんの煩悩…もとい願い事のせいかここだけピッカピカ。
Photo 2017-09-20 20 02 26-min
Photo 2017-09-28 17 38 19

カレル橋からカンパ島へ通じる階段、目下には第一作の「ミッション・イン・ポッシブル」でトム・クルーズが駆け上がった所。
ほっかむり被って「イーサン・ハント…♡」っつって。
Photo 2017-09-28 17 39 00
58bf65ee6740d01520b4387369506681801cf1cc.png
バカなのかな?
ああ、分かった。バカなんだ。

橋の両端には、マラーストラナ側の橋搭と旧市街側の橋搭があって、ここから眺める景色はもう息を呑むってこういうことか!って。
Photo 2017-09-28 17 38 36
Photo 2017-09-28 17 39 11
Photo 2017-09-28 17 37 52
Photo 2017-09-28 17 37 33

プラハに限らず、よく「写真撮って」って頼まれる主人。
Photo 2017-09-28 17 38 03
Photo 2017-09-20 20 44 15

彼の優しそうさは万国共通!でも「はい撮ります!さん、にぃ、いち!」って…せめて「スリー、ツー、ワン!」とかさ。
微動だにしないその漢、正に大和男子。
Photo 2017-09-28 17 39 23
橋上では観光客はもちろん、似顔絵を描く人、露天商、大道芸人、路上ライブ…すごくにぎやか!

Photo 2017-09-28 17 37 44
Photo 2017-09-28 17 37 29

活気がすごい、そして皆“自由”!って感じ。
[広告] VPS

バイオリン弾いてたおっちゃんはお薬でもお召しになってラリられたのかしら?ってテンション。
[広告] VPS

ウッドベースの路上ライブは聴き入ってしまった。さすが、音楽の都。
[広告] VPS

夜景も綺麗らしいから、もしまた来る機会があれば見てみたいなぁ。



存分にカレル橋を堪能した後、再度旧市街を探索していると、
この旅行で参考にしていたブロガーさんお勧めの“Fat Cat Brewery & Pub”が突如目の前に出現。
Photo 2017-09-28 17 36 46
本当に旧市街の中心部にあった!「もうこりゃ行くっきゃない!」
主人もなかなかのバーガー通ですが、「今まで食べたハンバーガーの中でかなり上位!」ってむしゃぶりついてね。
Photo 2017-09-28 17 39 52
私はウィーンで美味しかった“グラーシュ”頼んでみたら、なんかバケツみたいなパンにドン!って来た。
「こいつぁ一筋縄じゃいかねーぞ。」って腕まくりしたし、主人にも強要したけど惨敗だったよね。げぷ。
Photo 2017-09-20 21 18 24

そっからは、トラムに乗るのマスターしよー!つって馬鹿みたいに「トラ練」「トラ練」ってはしゃぎながら手当たり次第にトラム乗ってたね。
Photo 2017-09-28 17 40 06
Photo 2017-09-28 17 40 11
Photo 2017-09-28 17 41 05

案の定全然想定の真逆に進んでったり。
Photo 2017-09-28 17 40 58
Photo 2017-09-28 17 40 31
歩き疲れてたどり着いた“CROSS CAFE”で一休み。名前の通り、交差点にあった明るいカジュアルな造りのカフェ。
Photo 2017-09-28 17 40 17
Photo 2017-09-28 17 40 14

結構色々乗り倒したけど、終始googleマップがとんでもなく大活躍。
こんな小さなバス停の乗り場やバスの系統まで分かるんだ!ってまた私のgoogle師への信頼は屈強なものになりました。
Photo 2017-09-28 17 41 11
記念日ディナー、「美味しいワインが呑みたいね!」って、こちらもランチ同様お勧めされてたレストラン。
トラム乗り継いでたどり着いた"Senkovna Fine Wine Pub"へ。
Photo 2017-09-21 1 17 21

ワインの種類がこれまた多いの何のって。
メニューもほぼほぼチェコ語でうなだれる私を尻目に、主人のワインのウンチクがここで超お役立ち!
Photo 2017-09-21 1 01 17
なんかね、「か…かるべね…カベルネ・ソヴィニヨン、ピノ・ノワール、メルロー、シャルドネ、ソーヴィニヨン・プラン…」なんかカタコトでつぶやいてんの。
これね、ブドウの品種でチェコ語分かんなくてもローマ字読みでいけると!
それに産地やら種類組み合わせたら、だいたいどれがどんなワインか分かるって。
おぉ!!なんかかっこいい!惚れ直したぜ。ヒューヒュー!
Photo 2017-09-21 1 27 22
オーダーするのは私の仕事なんだけど、お蔭で美味しいワインと食事にありつけました。
Photo 2017-09-21 1 27 15
Photo 2017-09-28 17 41 14

人気店で予約していなかったから長居出来なかったのが悔やまれるけど、今年も素敵な記念日になりました。
個人的にはカルボナーラが絶品過ぎた。
Photo 2017-09-28 17 41 19

お誕生日おめでとう!と、結婚7年目、これからも何卒よろしくお願いします♥
Photo 2017-09-28 17 41 25
Photo 2017-09-28 17 41 29

…で、帰り迷った。
良い気分から一転、下手に自信つけてメトロ乗ってみたら、暗がりの変な駅に着いた。

ちーん、と音がしたよね。
あー多分、今ね、喪服の人が来たら、間違ってここにお焼香しちゃうと思う。
そんくらいの通夜感。
Photo 2017-09-28 17 41 31
Photo 2017-09-28 17 41 35

ロマンチックに終わらないところが私たちらしいか。
なんだかんだ回り道、無駄にトラム乗り継いで無事にホテルに帰りました。
たくさん場数踏んで、公共交通機関だんだん慣れてきた…と思いたい。

Photo 2017-09-28 17 41 40
スポンサーサイト

コメント

面白い〜

こんにちは〜ばーやです。
mayumi0124さんのぷらは旅のレポートが面白くて笑いながら読ませていただきました。旦那さん優しそうね、結婚記念日おめでとう、いつまでもお幸せに❤️
写真がバシッと良い写真!
私もやっぱりカメラちゃんとしたの持ち歩かなきゃダメだと思ったね・・・重くてさ・・・軽いカメラが欲しくなった、本当写真が綺麗。
ウィーンの記事、私のウィーン旅の参考にさせてもらいますね!
ありがとう!
また来ます〜!

コメントありがとうございます☆

>ばーやさん
嬉しいメッセージに、にんまりです。
“黒い聖母の家”、見てみたかったなぁ…ばーやさんのblog拝見していると、チェコ熱再来してうずうず。
日本は日に日に寒くなって来ました。そちらはもっとでしょうか?
風邪等召されぬ様に☆
これからも楽しみにしています♡

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。